24時間 テレビ 新潟

新潟の24時間テレビの特徴

a1

今回は私が住んでいる新潟の24時間テレビのことについて書いていきたいと思います。

24時間テレビでは、各地域でさまざまなイベントが開催されていて、生中継でよく放送されているのを見たことがあります。 さて私が住んでいる新潟では、毎年万代と長岡の2カ所で主にチャリティーイベントが行われています。 万代シティパークという所では、飲食店や企業がフードや商品を販売するチャリティーブースを設置しており、出店者が色々な物を持ちより販売しているチャリティーッフリーマーケットも設置して毎年実施しているようです。

他にも地元アイドルのショーやお笑い芸人さんによるステージショーも毎年行われていますし、地元の団体でダンスを披露したり、音楽ライブを披露したりもしています。そして万代シティパークの会場からも毎年生中継が行われています。 毎年来る芸人さんが違うので楽しめると思います。

毎年2日間イベントが行われており、入場は無料ですので、どなたでも気軽に入ることが出来ます。そしてイベントは2日間とも朝から夕方まで開催されているので、1日だけだといけないという人でも、2日あるのでどちらかは行けるのではないでしょうか。

天候によっては、内容が変更になら場合があるようですが、しない訳ではないようです。 そしてイオン新潟南でもゲストを呼んでイベントを開催しているようです。 イオン新潟南でイベントをしているのはよくわかりませんでした。

万代でのイベントでは、毎年色々なダンスが披露されているのが良くテレビに中継されているので、新潟県民として嬉しいです。

次に長岡でのイベントですが、現在はアオーレ長岡でイベントが開催されるようになりましたが、アオーレ長岡が出来る前までは、ハイブ長岡で毎年開催されていました。 どちらか1日だけイベントを開催しており、長岡にも毎年何名かの芸人さんが来てステージショーが行われています。そして今年(2015年)であれば幼稚園の子がよさこいを披露していたようです。子供が踊っているのを見るのは楽しいですし、何より可愛いですよね。 他にもピアノ演奏などもあったようです。

そして子供が喜ぶ、色々なイベントによく訪れている超耕21ガッターショーもあります。 県外の人は「超耕21ガッターって何?」と思う人がいるかもしれませんが、超耕21ガッターとは、簡単に言うと新潟のご当地ヒーローです。オリジナルヒーローを作ろうということから作られたそうです。調べてみるとわかりますが、ガッターはガッター・カッターという武器を持っていますが、その武器の形は、柿の種です。 ガッターショーもありますが、その後には、ガッターとの握手会もあるようです。 シャーも見れて、ヒーローと握手も出来るので、男の子は特にヒーロー物が好きですから、喜ぶのではないでしょうか。 ステージが2つあるようで、もう1つのステージでは、バンドやダンスが披露されたりするようです。
長岡会場のアオーレ長岡からも生中継が毎年行われています。はやり地元がテレビに映ると嬉しいです。 時間も朝から夕方まで開催されており、無料で入れるので誰でも気軽に行くことが出来ます。そしてアオーレ長岡でも色々なものが販売されています。

そして募金活動は、万代シティパーク会場やアオーレ長岡会場でも行われていますし、イオンや近くのスーパーで行われていることもあります。

そしてこれはどこも同じだと思いますが、振り込みでも募金を行っているようです。
このように新潟では24時間で、このようなさまざまなことを行っていました。そして新潟の上越・中越・下越で集まられた募金がさまざまな所に寄付されて使われていると思います。 そう思うと私はなんだか嬉しく思います。

私の子供はまだ小さくて、どちらの会場にもまだ行ったことがありませんが、来年くらいには子供を連れて家族みんなで行ってみたいなと思っています。 そして下の子が男の子なので是非超耕21ガッターショーを見せてあげたいなと思います。そしたらすごく喜ぶと思います。 そして募金は毎年少しですがしています。 私の子供が募金箱にお金を入れるのが好きなのもあって、いつも子供に行を募金箱に入れさせてあげるようにしています。子供も自分でお金を入れることが出来ますし、学生のお兄ちゃんやお姉ちゃんに「ありがとうございます」と言われるのが嬉しいみたいで、ニコニコしていますし、こういうことを小さい頃からさせておくといいかなと思っています。

これからも毎年、アオーレ長岡と万代シティパークの2つの会場でイベントが行われていくと思います。 行けるかわわかりませんが、会場で色々なことが開催されているので、いつかは是非行ってみたいと思います。何かを買うことで募金できるのなら少しでも役に立ちたいなと思います。 そしてこれからも子供に募金させてあげたいと思いますので、ずっと続けていこうと思います。

↑ PAGE TOP