24時間 テレビ チャリティーマラソン

24時間テレビのチャリティーマラソンの特徴

今回は24時間テレビのチャリティーマラソンについて書いていきたいと思います。
24時間テレビでは、毎年チャリティーマラソンが行われており、24時間テレビ開始と同時に、マラソンが始まりランナーがスタートします。そして番組終了時間までにゴールできるようにランナーはゴールを目指して走り続けます。

走行距離は毎年同じではなく、毎年のランナーの年齢や体力に応じて、走行距離が異なりますが、基本的には100㎞程度走ることが多いようです。 そして走行距離や天候面が酷な条件なことから、伴走者が何人かついてランナーと一緒に走りますし、休憩所がいくつか設置して万全な体制でマラソンが行われているのです。 休憩所には、いつも芸能人が訪問してランナーを元気づけたり話を聞いたりします。そしてランナーの好物が用意されていることが多いです。誰でも好物が出てくると、頑張ろうと思うと思います。 毎年ランナーの体力づくりから本番までをサポートしているのが、マラソントレーナーの坂本雄次さんです。坂本雄次さんは本当に毎年ランナーと一緒に走っているのを目にしますよね。 他にも、ニューバランスジャパンがマラソンサポート企業として、毎年ランナーにランニングシューズを提供しているようです。

そして毎年ランナーの出発地点やルートが非公開になっているのは、1992年に出発地点やルートを公開したことで、それを見るために人が殺到しすぎてしまい、交通の妨げになることから途中棄権となったことがあり、そのことからそれ以降は非公開になったとされています。それ以降からは、途中棄権にならないためにも、1時間に1回程度独自の映像を配信されるようになったそうです。

また24時間テレビの放送時間内にゴールできなかった場合は、以前は番組延長や放送終了後特番を構成して対応してきましたが、現在では、放送が終了した直後に放送される番組で引き続きマラソンの様子を生中継するようになっているようです。 そして翌日には、マラソンランナーが決定した所から、トレーニングの様子、当日の様子などに密着して作られ、ドキュメンタリー番組として放送されています。他にも、当日の様子などはダイジェストに報道番組や情報番組でも放送されるようになっています。

今までにランナーになった人の中には、ジャニーズや俳優、芸人などのさまざまな人がランナーに挑戦してきました。 その中でも間寛平さんは3回もランナーに挑戦して、1回目は、トラブルにより途中でリタイヤされたそうです。ですがなにより3回もランナーになっていることがすごいと思います。
そして毎年練習中に足を痛めてしまい本番に臨んでいるランナーが多いです。そして休憩中にマッサージされている光景を何度も目にしていると思います。多くに人が、日ごろいつも走っている人たちではないので、足を痛めてしまっても仕方ないのかと思います。足を痛がりながらもゴールを目指して、1歩1歩頑張っていることが毎年見ているとわかると思います。いつも走っていない人がランナーになって100㎞走るのはすごく大変で辛いのではないのかと思います。
そして見ている人の中には、ワープ疑惑などが多く噂されているようですが、そこははっきりしていないようです。
ちなみにワープ疑惑とは、ランナーがある程度走ってから車で移動してゴールから近い所に行くという疑惑があるようです。今までもそうですが、芸能人がすることには、いつも何かしらの疑惑や噂がつきものなので本当のことはわかりません。
もしその疑惑や噂が本当なら、見ている人の全てが悲しい気持ちになると思いますが、全くのデマであるなら体を痛めながら頑張って走ったランナーの人にすごく失礼だと思います。
これからもずっとチャリティーマラソンが毎年続けて行われていくと思います。そしてランナーに選ばれた人は、マラソンを走るためにマラソントレーナーの坂本雄次さんと一緒に体づくりをし、トレーニングなどをしていきます。そして本番には、練習中にどこかを痛めてしまっても、体が痛いながらも頑張ってゴールを目指して走り続けているのです。
一生懸命走っていると思うので、見ていると頑張れと思う人が多いのではないでしょうか。 マラソンの中継は少しずつしか中継されないので、その見られない間はどのようになっているかは、私達にはまったくわかりませんが、皆さんに見られていない時でも、ランナーの人は一生懸命頑張って走っているのではないかと私は思っています。
不正があるかないかは、正確にはわかっていませんし、証拠もどこにもありません。ですから出来れば、そのようなことを言わないで、頑張っているランナーの人を応援してあげてほしいなと思います。 そしてこれからランナーに選ばれる人は、ゴールまで寝ずにゴールに向かって走らなくてはいけないので、無理しないように頑張ってほしいなと思います。

↑ PAGE TOP